スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気だるい朝

降りしきる雨の中 ただ凍える手を吐息で暖めながら思う

前はこんなふうに社会の歯車に挟まって

ただただ無気力に 生きる為に毎日を過ごしている

こんな未来を望んではいなかった けどそんな未来を今現在歩んでいる

自販機で買った缶コーヒー 一気に飲み干し身体を暖める

貴女は今も何処かで誰かと腕を組んでいるのだろうか

恋に生きる貴女を応援したい半面 その相手に嫉妬している自分も居る



なんて―――無様



自己嫌悪に陥りながら また一歩一歩歩む

できるならば ひとかけらの幸せと夢がその先にあるのだと信じながら

今日も、また
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。